▲屋根材を取り去ります。 ▲ダクト部の野路板を切断 ▲ダクトの取付け ▲長さ14mのため、
3枚のパネルを連結
▲Zパネルの発煙試験 ▲屋根葺き
Zパネルにより、屋根融雪、太陽熱暖房、夏の排熱システムと全室24時間換気システムが備わり、住いの結露もカビも解消するほか、洗濯物がよく乾いて、空気が新鮮になります。屋根散水の消雪とムーンライトクール、屋根散水冷房もOKになります。この暖房システムは、下記のとおり。 屋根の結露によって、野地板が腐っていますが、Zパネルで丈夫な屋根になります。14m屋根の温度差は、約2度という精密さであり、Zパネルの性能を現しています。
ユニットは放熱管の熱交器であり、温水循環する際、ファンにより、新鮮温風を
住いに満たす換気と暖房が一体の機器。

灯油ボイラーの代わりに、エコキュート等も設置できます。

ユニットを外壁に
取付ける
ユニットを室内から見る 目隠しをつける

暖房ユニットは、冷たい外気を暖気に変えて、住いに満たすため、換気の寒さがなくて家中が丸ごと暖まります。ルームサーモによる設定室温により、自動的にオンオフするため、省エネです。換気風量もダイヤル調整です。

温水循環ボイラー 換気暖房ユニット
写真のユニットを壁付けすると、全館を暖めて換気するため、他の暖房器具、換気装置が不要です。
就寝時、暖房と換気ファンを止める家庭が多くあります。それは、結露する原因になります。また蓄熱暖房の場合は、温度調整が完全ではなく、夜間に寒くなる場合があります。また換気すると、暖まらないため、換気不足にもなりやすいため、結露する場合があります。
このセントラルヒーティングは、換気ファン、暖房ユニットを止めた場合も住いを保温し、結露も解消します。なぜなら屋根下の冷えた空気は、Zパネルから軒先へ自然に落ちるため、室内の空気をゆっくりと吸い上げて、住いを自然換気します。この時、ファンを止めた暖房のユニットから、ゆっくりと外気を吸い込むので、外気が暖まり、家中が冷えず、結露も起こりません。この温度差換気の燃費は、驚くほど僅かです。
玄関から、廊下、トイレ、脱衣とユニットバスなど、どこもムラ無く暖まります。
家のどこでも乾きます。入浴後、洗濯物を干すとき、作業着やジーンズなども朝には乾いています。
Copyright 2007 ? Yanagi kenchiku jimusyo CO., LTD Allright reserved.